連載

匿名の刃~SNS暴力考

SNSでの卑劣な個人攻撃は、なぜ繰り返されるのか。社会はどう対応すればいいのか。関係者に話を聞きました。

連載一覧

匿名の刃~SNS暴力考

春名風花さん、SNS中傷投稿者と示談 「悪意に殺されたくない。未来変えたい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
春名風花さん=東京都渋谷区で2019年8月22日、藤井太郎撮影
春名風花さん=東京都渋谷区で2019年8月22日、藤井太郎撮影

 「はるかぜちゃん」の愛称で知られる女優の春名風花さん(19)は20日、ツイッターで誹謗(ひぼう)中傷の投稿をされた相手との間で、示談が成立したことを公表した。会員制交流サイト(SNS)での誹謗中傷を巡っては、5月にプロレス選手の女性が亡くなった問題があり、春名さんは、それを思ってか、動画投稿サイト「ユーチューブ」で「世の中の悪意に殺されたくない。必ず生きて未来を変えたい」と決意を語った。【五味香織/統合デジタル取材センター】

「罪償ってほしい」複雑な思い

 春名さんがユーチューブで公表した内容によると、示談金は315万4000円。相手は春名さんについて「両親自体が失敗作」などと投稿していた。春名さん側は今年1月、民事訴訟で慰謝料を求めるとともに相手を刑事告訴もしていた。

 相手は慰謝料の支払いを拒んでいたが、告訴を受けた警察が捜査に動き出した直後、示談を申し入れてきたという。春名さんは担当弁護士の意見も…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1292文字)

あわせて読みたい

注目の特集