メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再開の土俵

支度部屋にアクリル板の仕切り 白鵬「枠できていい」意外と好評 コロナ対策

アクリル板が付けられた支度部屋=日本相撲協会提供

 新型コロナウイルスの感染対策の徹底を図る7月場所。尾車事業部長(元大関・琴風)が「命がけの雰囲気」と言い表したのが、アクリル板で区切られた支度部屋だ。

 通常の支度部屋は東西に分かれ、それぞれ細長いコの字形に敷かれた畳に力士たちが並んで陣取る。一番奥に座るのは横綱だ。幕下上位の出番が近づくと、幕内、十両がそろい、まげを直したり、準備運動したり、付け人たちも忙しそうに動き回る。取組前後の力士たちが大きな体を揺らしながら部屋を行…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです