メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ コロナの時代に 広井良典・京大教授 AIで未来予想 地方分散へかじ切る時

=2016年、小松雄介撮影

 人口の「都市集中型」社会は日本を破局に追い込む恐れがあり、「地方分散型」社会への切り替えが望ましい――。京都大こころの未来研究センター教授(公共政策、科学哲学)の広井良典さん(59)らが3年前、人工知能(AI)を使って日本の将来をシミュレーションしたところ、そんな結論が導き出された。新型コロナウイルスの感染拡大で、3密(密閉、密集、密接)が起きやすい「東京一極集中」などのもろさが浮き彫りになった今、人口分散の必要性はますます高まっている。AIはコロナ禍を“予言”したのか。

 「AIの能力が過大評価されることには懐疑的です」。広井さんはそう前置きした上で、「人間の想像力が及ばない膨大な可能性を列挙できるので、何かヒントを得られないかと思いました」と研究に取り組んだ動機を明かす。財政の逼迫(ひっぱく)や人口減少などの解決策を探ろうと、広井さんは2016年、財政学や社会心理学、医療経済学の専門家とともに、AI技術を持つ日立製作所の研究機関(日立京大ラボ)と共同研究に乗り出…

この記事は有料記事です。

残り2447文字(全文2886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです