メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は情報学者・西垣通さん 未知の病原体、SFと現代

東京都世田谷区で、藤井太郎撮影

 *6月23日~7月20日

 ■アンドロメダ病原体〔新装版〕(マイクル・クライトン著、浅倉久志訳・2012年)ハヤカワ文庫・1320円

 人工衛星が墜落した直後、小さな町の住人が全滅した。招集された科学者4人の5日間の苦闘を描く。

 コロナ禍で家に閉じこもっていたら、SFの名作「アンドロメダ病原体」を読みたくなった。人類が月に着陸した一九六九年に書かれた作品だが、早くも現代を予見していたように思えてならない。

 作者のクライトンは当時まだ米ハーバード大学医学部の学生だったが、この作品でたちまちベストセラー作家にのし上がった。コロナ禍を見ることなく、二〇〇八年に亡くなったのはまことに残念である。もし生きていたら、現状をどう語るだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです