メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14歳の君へ

わたしたちの授業 保健体育 人生はマラソン スポーツライター 増田明美さん

「外で風を感じると気持ちいい」と東京・日比谷公園を走る増田明美さん

 全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「保健体育」の先生は、スポーツライターの増田明美さん。「体力は木の根っこ。そこから意欲という幹が出る。どんなにお金や社会的地位があっても、健康でないと生活の質は高まらない」と話す。増田さんは「人生は長く、マラソンです。心と体の健康を大切に育ててほしい」と強調する。

 私は中学校でソフトテニス部に入りました。「エースをねらえ!」というアニメが人気で、主人公の女子高校生、岡ひろみにあこがれました。とにかくあきらめず粘り、どんなボールも拾うから。私も横に後ろにと走り回り、それで脚が強くなったのかもしれません。ただ、岡ひろみは世界に羽ばたき、私は県大会にも出られませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです