女子硬式野球交流戦 栃木で来月4日開幕 エイジェックなど8チーム参加 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大会の成功と健闘を誓う川端友紀選手(中央)ら=栃木県小山市中央町で
大会の成功と健闘を誓う川端友紀選手(中央)ら=栃木県小山市中央町で

 人材派遣会社エイジェックのスポーツ事業部門を担うエイジェックスポーツマネジメントは20日、小山市内で記者会見し、8月4日から3日間にわたって女子硬式野球交流戦「栃木さくらカップ2020」を開催すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全日本女子硬式野球選手権大会など主要大会が軒並み中止になる中、公式戦の機会を提供しようと企画された。

 大会には、エイジェック女子硬式野球部のほか、昨夏の全国高校女子硬式野球選手権大会を制した作新学院など社会人3チームと3高校が参加。エイジェックと作新学院は2チームずつエントリーし、計8チームでトーナメントを争う。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集