メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・旅する・みつける

千葉・茨城 東国三社参り 疫病防ぐわら人形 都心近くのパワースポット /東京

 「東国三社参り」をご存じだろうか。江戸時代の庶民に親しまれた「関東のお伊勢参り」とも呼ばれる神社巡りのことである。三社とは鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)▽息栖神社(同県神栖市)▽香取神宮(千葉県香取市)で、千葉と茨城の県境、利根川沿いのほぼ二等辺三角形上の近距離にある。都心から日帰りでも楽しめるパワースポットを歩いてみた。【駒木智一】

 鹿島神宮は、JR鹿島線の鹿島神宮駅から歩いて10分ほどの利根川河口に鎮座する。創建は神武元年、今から2680年前と伝わる。森の中には、本殿や鳥居の資材になるご神木が生い茂る。そびえる鳥居を目の前にすると自然と厳かな気持ちになった。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです