メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

間伐材で竹あかり作ろう 来月9日ワークショップ 赤目渓谷イベントで使用 名張 /三重

竹あかりワークショップをPRする職員=三重県名張市役所で、衛藤達生撮影

 名張市などでつくる「市エコツーリズム推進協議会」は8月9日、イオン名張店(元町)で「親子体験 竹あかりワークショップ」を開催する。製作した竹あかりは赤目四十八滝で10月から行われるライトアップイベントに使用される。担当者は「長年放置されている竹林の整備と観光誘客が目的。多くの人に参加してほしい」と呼びかけている。【衛藤達生】

 協議会は市や地域団体などで構成し、名張商工会議所の川口佳秀会頭が会長を務める。赤目四十八滝は市を代表する観光地だが、近年観光客は減少傾向にあり、2019年度の入り込み客数は夏場の台風や新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、前年度比8000人減となる約11万6000人にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです