メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ぬれた「思い出」救えます 真備の写真洗浄ボランティア 熊本に応急処置伝えるチラシ /岡山

写真の応急処置を書いたチラシを掲げる福井圭一さん=倉敷市玉島長尾で、益川量平撮影

 2018年7月の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区で写真の洗浄などを続けている任意団体「あらいぐま岡山」が、豪雨に襲われて甚大な被害が出た熊本県に、ぬれた写真を救うための情報を書いたチラシ約2700枚を送った。提案した同団体顧問のグラフィックデザイナー、福井圭一さん(49)は「これまで『ぬれた写真を救えるとは思わなかった』と悔やむ声を多く聞いてきた。諦めないでほしい」と話している。【益川量平】

 福井さんは、11年の東日本大震災や西日本豪雨で被災した写真の洗浄・保存活動を続けてきた。西日本豪雨では437件、10万枚以上の写真を預かり、これまでに359件を返却した(数字は7日現在)。豪雨直後は被災者から「知っていたら捨てなかったのに」などの声が毎日のように届いたという。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです