メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市井の人、生き生きと 東京から移住、ウェブで発信 瀬戸内通信社開設、小林さん /香川

「瀬戸内通信社」を運営する小林繭子さん=高松市内で、金志尚撮影

 香川を中心に瀬戸内の情報を紹介するローカルウェブメディア「瀬戸内通信社」がこの春開設され、既存メディアにはない切り口で地域の魅力を発信している。サイトを運営するのは4年前に東京から移住してきた小林繭子(まゆこ)さん(36)=高松市。これまでライター経験はほぼゼロだが、自分の感性に引っかかった人物や場所を精力的に取材し、柔らかな筆致で記事にまとめている。【金志尚】

 小林さんは名古屋出身で、好きなダンスをとことん追求しようと20歳の時に東京へわたった。日中はフルタイム勤務、夜はレッスンというストイックな生活を続けながら技術を磨き、歌手のミュージックビデオでダンサーを務めるなど幅広く活躍した。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです