メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いよ新八景

うかい、もういいかい? 大洲 /愛媛

かがり火が川面を照らす中、鵜匠(うしょう)が巧みに鵜を操った=大洲市・肱川で、中川祐一撮影

 新型コロナウイルスなどの影響で開幕が1カ月以上遅れていた夏の風物詩「大洲のうかい」が19日、大洲市・肱川で始まった。かがり火が川面を赤く染める中、烏帽子(えぼし)に腰蓑(こしみの)姿の鵜匠(うしょう)が鵜を巧みに操り、約30人の乗船客を魅了した。

 例年6月1日に開幕するが、2020年は新型コロナで…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです