村活性化へ交流拠点施設 椎葉に「Katerie」オープン 図書館や工作室など整備 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
風船を飛ばして開館を祝ったセレモニー
風船を飛ばして開館を祝ったセレモニー

 椎葉村下福良に多機能の交流拠点施設「Katerie(カテリエ)」が18日、オープンした。展示を工夫した図書館や、ものづくり体験ができる工作室、共同の仕事場「コワーキングスペース」などを備え、村内外の人が集う新たな施設として期待される。

 村民同士の交流や子供たちの学ぶ意欲を育み、交流人口増や移住・定住にもつなげようと、村が整備。公募で決めた施設愛称の「カテリエ」は、地元の方言で助け合いを意味する「かてーり」と家を組み…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集