メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

中東勢力図変える脅威=大治朋子

 <ka-ron>

 イスラエルが、占領するヨルダン川西岸パレスチナ自治区にあるユダヤ人入植地の一部を併合する可能性があるという。

 占領地の併合は国際法違反との批判が強い。だがトランプ米政権は1月に発表した新中東和平案で併合に「青信号」を出した。パレスチナの利益を代弁する兄貴分とも見なされるアラブ諸国は抵抗の動きすらほとんど見せていない。

 中東勢力図の様変わりを感じずにはいられない。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 王室改革誓うプレート撤去、実行者不明 バンコク王宮前広場 反政府集会で設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです