メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田前首相「合流、政治決断すべきだ」歩み寄り促す 自派の新党参加方針確認

野田佳彦氏=川田雅浩撮影

[PR]

 立憲民主党などの統一会派の野田佳彦前首相は21日、自らが代表を務める無所属議員グループの会合を開き、立憲民主党と国民民主党が結成を目指す新党に参加する方針を確認した。立憲と国民は党名などで折り合えていないが、野田氏は記者団に「もう政治決断の時期だ。合流を成就させなければならない」と述べ、双方に歩み寄りを促した。

 立憲は、両党が解党したうえで新党「立憲民主党」を作ることを提案している。野田氏は記者団に「野党第1党が解党とは大きな決断をした」と評価。国民の玉木雄一郎代表が合流前に消費税の考え方などをすり合わせるべきだと主張していることについて、野田氏は「(合流後に)できる話だ。入り口で議論が拡散してしまう」と疑問を呈した。

 一方、立憲の福山哲郎幹事長は21日、合流を呼びかけている社民党の吉田忠智幹事長と会談し、立憲と国民の合流協議について説明した。福山氏は会談で「国民との合流話が前進すると、社民党との話の前提が少し変化する」と理解を求め、吉田氏は立憲と国民の協議を見極める考えを示した。【宮原健太、浜中慎哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです