大阪都構想で維新が住民投票対策本部 座談会やビラ、SNSで運動展開へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影
松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」を推進する大阪維新の会は21日、11月1日の実施を目指す住民投票の対策本部を設置した。本部長に松井一郎代表(大阪市長)、本部長代行に吉村洋文代表代行(大阪府知事)が就任。新型コロナウイルスの感染状況をみながら、8月から活動を本格化させる。

 維新はこの日、所属議員らを集めたオンラインの全体会議を開き、住民投票に向けた活動方針を協議した。人が密集しやすい大規模な集会など…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

あわせて読みたい