EU財政統合につながる可能性 共同債で復興基金創設 コロナで結束再認識

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨むフォンデアライエン欧州委員長=ブリュッセルで2020年7月21日、AP
記者会見に臨むフォンデアライエン欧州委員長=ブリュッセルで2020年7月21日、AP

 共同債の発行による復興基金の創設は、欧州連合(EU)の懸案となっている財政統合に向けた一歩となる可能性がある。

 欧州各国は共通通貨ユーロを持ち、欧州中央銀行(ECB)による共通の金融政策を運用してきたが、財政政策は各国任せ。このため、経済危機に直面した国に予算を重点配分するなど柔軟な運用ができなかった。

 ギリシャの財政危機に端を発する2009年からの欧州債務危機では、ギリシャのほかスペインなど南欧諸国でも財政への信認が低下。信認回復に向けたEUの緊縮策にギリシャなどは難色を示し、厳格な財政規律を求めるドイツなどとの対立を深めた。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文625文字)

あわせて読みたい

注目の特集