トランプ氏、マスク姿の写真投稿「着用は愛国的」 高まる批判、支持率低下を意識か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ氏のアカウントに投稿されたマスク姿の写真=ツイッターから
トランプ氏のアカウントに投稿されたマスク姿の写真=ツイッターから

 トランプ米大統領は20日、新型コロナウイルス感染予防のためのマスク着用は「愛国的だ」とするツイートを自身のマスク姿の写真と共に投稿した。国内の感染拡大に歯止めがかからない中、高まる政府対応への批判をかわすことを狙ったホワイトハウスのPR戦略とみられている。

 トランプ氏はツイートで「ソーシャルディスタンス(社会的距離)を維持できない場合にマスクを着けることは愛国的だ、と多くの人が言うが、私に勝る愛国者はいない!」と述べ、今月11日の病院訪問時とみられる写真を掲載した。

 米疾病対策センター(CDC)は4月3日に公共の場でのマスク着用を奨励。50州のうち半数超が着用を義務づけている。だがトランプ氏はこれまで着用を拒否し、国民への呼びかけにも消極的だった。「個人の自由」や「政府介入の是非」の問題だとして着用を拒否する支持層を意識したものだが、「科学を無視する姿勢」との批判が与党・共和党からも上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文832文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集