メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨で熊本・錦の戦争遺構も被災 地下施設通用口に土砂 人吉海軍航空基地資料館

 熊本県南部を中心に甚大な被害が出た九州豪雨で、同県錦町にある戦争遺構も被災した。太平洋戦争の末期、米軍の本土上陸作戦を想定して旧日本海軍が建設した人吉海軍航空基地跡。米軍を迎え撃つ兵站(へいたん)基地として造られた広大な地下施設が特徴で、2018年8月、町が往時を伝える「人吉海軍航空基地資料館」としてオープンさせた。しかし、呼び物の一つの地下施設は通用口に土砂が積もって見学できない状態が続いている。

 雑木がうっそうと茂ったがけに開いた地下壕(ごう)への入り口。その先には総延長約3900メートルのトンネルがアリの巣のように張り巡らされているが、土砂や倒木が行く手を阻んでいた。地下施設は敗色が濃くなった大戦末期の空気感を伝えているだけに、担当者は「8月の終戦記念日には多くの見学客が見込まれていたのに。それまでに復旧できるかどうか」と落胆の色を隠せない。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです