メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会

「点字毎日」26日号で通巻5000号 1922年創刊、日本唯一の週刊点字新聞

2020年7月26日発行の「点字毎日」通巻5000号の表紙=大阪市北区で20年7月21日、菱田諭士撮影

[PR]

 毎日新聞社が発行する日本唯一の週刊点字新聞「点字毎日」が7月26日号で通巻5000号になる。ラジオ放送もなかった1922(大正11)年に創刊。戦火に見舞われた昭和、災害が相次いだ平成、新型コロナウイルス禍の令和と、創刊以来約1世紀にわたり、一度も休刊せず全盲の読者とともに歩んできた。

 発刊の目的は、視覚障害者に「自ら読みうる新聞を提供し、新聞の文化的使命を徹底」すること。現在日曜発行で、A4判60ページ。毎日新聞の点訳ではなく、障害福祉問題を中心に独自に取材、編集している。今回のコロナ禍では、指点字など人に触れるコミュニケーションが必要な盲ろう者の生活の実情や、視覚障害者へ情報支援する点字図書館の取り組みなどを詳報してきた。

1922(大正11)年5月11日発行の「点字大阪毎日」(「点字毎日」の前身)創刊号の表紙=大阪市北区で2020年7月16日、菱田諭士撮影

 63年に菊池寛賞、2018年に日本記者クラブ賞特別賞などを受賞した。22年5月に創刊100年を迎える。【遠藤哲也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです