メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「時代リードする媒体」 視覚障害教育に活用 点字毎日5000号

「点字毎日」のバックナンバーを手にする日本盲教育史研究会事務局長の岸博実さん=京都市北区の京都府立盲学校で2020年6月30日、濱井良文撮影

 26日発行号で通巻5000号になる週刊点字新聞「点字毎日」(毎日新聞社発行)。1922(大正11)年5月の創刊以来、約1世紀にわたる点字の紙面は、日本の視覚障害者が歩んできた近代史そのものでもある。創刊号から初期のバックナンバーを保管して視覚障害教育に役立てようとする盲学校がある一方、膨大な点字の記事をデータ化し、次世代につなぐ取り組みも進んでいる。【濱井良文】

 京都府立盲学校(京都市北区)は視覚に障害のある子のための日本最初の学校だ。1878(明治11)年の創立。日本点字制定(1890年)の前から使われていた教材が学校開設当時の公文書などと共に国の重要文化財に指定されている。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1078文字)

濱井良文

1994年入社。点字毎日部で一貫し障害者問題を担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです