今年もやります「甲子猿」 愛知・日本モンキーセンター 施設ごとにアピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飼育員が熱演する「甲子猿」のPRポスター(日本モンキーセンター提供)
飼育員が熱演する「甲子猿」のPRポスター(日本モンキーセンター提供)

 高校球児たちの夏の「甲子園」は新型コロナウイルスの影響で中止になったが、猿たちの熱い夏「甲子猿(えん)」は24日、オンラインで開幕する。日本モンキーセンター(愛知県犬山市)の飼育員が担当する猿の魅力をアピールし、ファン投票で優勝チームを決める大会で、「甲子園中止は残念だが、それに負けない熱い戦いを楽しんでほしい」とユーモアたっぷりに呼びかけている。

 園内の飼育施設が7チームに分かれて対抗する「なんでもアピール大会」。各チームは飼育員を監督に9選手の猿を登録する。「大食い」「かっこよさ」のようなテーマ別で戦い、監督が代表する猿を動画や写真、語りなどでアピールする。8月にかけ、トーナメント方式で競い、優勝チームには甲子園同様、深紅の優勝旗を授与する。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文828文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集