メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2 次の行き先は小型小惑星 候補は「地球と火星」間の二つ

小惑星リュウグウに着陸するはやぶさ2の想像図=池下章裕さん提供

 今年12月に小惑星リュウグウの試料入りカプセルを地球に届ける小惑星探査機「はやぶさ2」が、その後約10年かけて新たな小惑星探査に向かうことが明らかになった。二つの小型小惑星が候補に挙がっており、9月ごろまでに目的地を決める。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、目的地の候補はいずれも地球と火星の間を公転する直径約30メートルの小型小惑星で、そのうち「2001AV43」の場合は2029年11月に、「1998KY26」なら31年7月に、上空へ到着すると見込む。小惑星名でアルファベットの前の数字は、発見された西暦を表…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです