8億年前に隕石のシャワー 小惑星破砕、地球や月に大量衝突 阪大・東大解析

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
約8億年前に月や地球に降り注いだとされる大量の隕石のイメージ図=大阪大提供
約8億年前に月や地球に降り注いだとされる大量の隕石のイメージ図=大阪大提供

 約8億年前、直径100キロ以上の小惑星が破砕し、その破片が大量の隕石(いんせき)となって地球や月に衝突したとの解析結果を、大阪大と東京大の研究グループが発表した。地球に落ちた隕石の総質量は少なくとも4京~5京キロに上ると推定され、約6500万年前に恐竜を絶滅させたとされる隕石の30~60倍にあたる。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版に22日、掲載された。

 直径が10キロを超える天体の地球への衝突は1億年に1度起きたとされるが、地球上では風化などで痕跡となるクレーターが残りにくく、さかのぼることができるのはせいぜい6億年前とされる。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文884文字)

あわせて読みたい

ニュース特集