安易なリツイート警鐘 ツイッター迫られる対応 無断投稿でも権利侵害判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 リツイートによる著作者人格権の侵害を認めた21日の最高裁判決は、ツイッターの利用者に、違法の恐れがある写真を安易に拡散させないよう警鐘を鳴らした。ただ、写真の切り取りは利用者の意思に関係なく、ツイッターのシステムとしてツイートの際に自動的に起きる。利用者の萎縮を避けるためにも、ツイッター社側の対応が求められる。

 ツイッター社は、投稿した写真や画像は自動で切り取られることを利用規約で明記している。著作者が直接ツイートしていれば、著作者が了承したことになり、それをリツイートしても権利侵害には問われない。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文855文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集