メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安易なリツイート警鐘 ツイッター迫られる対応 無断投稿でも権利侵害判決

 

 リツイートによる著作者人格権の侵害を認めた21日の最高裁判決は、ツイッターの利用者に、違法の恐れがある写真を安易に拡散させないよう警鐘を鳴らした。ただ、写真の切り取りは利用者の意思に関係なく、ツイッターのシステムとしてツイートの際に自動的に起きる。利用者の萎縮を避けるためにも、ツイッター社側の対応が求められる。

 ツイッター社は、投稿した写真や画像は自動で切り取られることを利用規約で明記している。著作者が直接ツイートしていれば、著作者が了承したことになり、それをリツイートしても権利侵害には問われない。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです