メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井棋聖、収穫は中盤の読み 「掘り下げすぎず、バランスよく、多くの手を広く」

 第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)で渡辺明前棋聖(36)を破り、将棋界の最年少タイトル獲得記録を塗り替えた藤井聡太棋聖(18)が21日、東京都渋谷区の将棋会館で毎日新聞の取材に応じた。藤井棋聖は「タイトルホルダーとして責任ある立場になり、より多くの方に将棋の面白さを伝えたい」などと抱負を語った。

 19日に18歳となったばかりの藤井棋聖は終始、朗らかな表情で質問に答えた。現役のトップ棋士である渡辺前棋聖に真っ向勝負を挑み、初タイトルを獲得したことについて、「渡辺先生との対戦ということで非常に勉強になった。自分なりにしっかり考えて指せたことが多かったのが収穫だった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  4. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです