メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ビザスク、人材育成サービス「社外メンターマッチング」を提供開始(PR TIMES)

情報提供:PR TIMES

プレスリリースページの情報について

~10万人超の知見データベースから、一人ひとりに最適なメンター・コーチをご紹介~

株式会社ビザスクは、「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営しています。このたび、法人向けの新サービスとして、メンタリング/コーチングができる社外アドバイザーをご紹介する「社外メンターマッチング」を提供開始することとなりました。






サービス開始の背景


当社は、10万人超のナレッジプラットフォームを活用し、業界研究やニーズ調査、グローバル進出などの場面における様々な課題の解決に、個人の知見を1時間のインタビューでマッチングする「スポットコンサル」をはじめとする、各種サービスを提供しております。
その一つとして、2018年12月より「女性管理職育成プラン」を提供しており、ビザスクに登録しているアドバイザーを、クライアントの女性管理職候補、あるいは管理職の社外メンターとしてマッチングしています。本サービスをご提供してきたなかで、社外メンタリング/コーチングには、女性社員の育成に限らず人材育成の観点で幅広いニーズがあることが見えてまいりました。
また、ポストコロナでは対面を前提としない、ニューノーマルなマネジメントスタイルが求められるようになります。人材育成分野でも新たな難しさに直面するこの先、ますますメンターやコーチの重要性が高まる事が予想されます。

当社の知見データベースには、メンタリング経験者やコーチング資格保有者といった、人材育成領域における知識・経験の豊富なアドバイザーが多数登録しております。
従来のスポットコンサルに、新たに「社外メンターマッチング」をサービスラインアップに加え、各企業、各受講者の人材育成・自己成長ニーズに合わせた様々な選択肢をご提供することで、人材育成支援に貢献できればと考えております。



サービス概要


【マッチングまでの流れ】
クライアントのメンター・コーチの要件に基づき、当社からアドバイザー(社外メンター)の候補者リストをご提案いたします。その後、個々に最適なアドバイザーをお選びいただき、社外メンタリング/コーチング期間開始となります。

【特長】
・ビジネス経験豊富なアドバイザーによる「メンタリング」/コーチング有資格者による「コーチング」いずれもご提供可能です
・メンター/コーチは受講者並びに受講企業自身でお選びいただけます
・受講者の業務やパーソナリティを踏まえて最適なアドバイザーを紹介し、実施期間中も当社が継続的にご支援いたします

【基本プラン】※ご要望に応じカスタマイズ可能です
期間:3ヶ月
頻度:月2回~
金額:3ヶ月で25万円~



導入企業の声:日本たばこ産業株式会社(JT)様


当社では、次世代リーダーを早期に輩出する成長支援プログラムの中で、社内メンター制度を運用しているものの、女性社員におけるモデルケースが社内に“ごくわずか”であることが課題の一つであり、ビザスクのメンタリングサービスをお願いしました。部署、年代、ライフステージも異なり、会社がその人に期待している内容もそれぞれ異なる中で、メンターの選択肢を社外に広げることで、1対1でその人それぞれに最適な伴走者をマッチングできたと思っています。
参加者からは「メンタリングを通じて、キャリアのスタンスが明確になった」「管理職として活躍したい志向が高まった」などの声があり、上長からはコミュニケーションスタイルの変化など、変わろうとしている意識が伝わっているようで一定の成果を感じております。この仕組みは女性にとどまらず広くあらゆる状況の社員にとって、成長支援の機会として活用できると考えています。



ご紹介アドバイザーイメージ


メンター例(1)
各務 茂雄氏
2019/04 - 現職  株式会社KADOKAWA Connected / 代表取締役社長
2020/04 - 現職  株式会社KADOKAWA / グループ経営企画本部 / 執行役員
2017/01 - 現職  株式会社ドワンゴ / ICTサービス本部 / 本部長
2015/12 - 2016/12  アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 / Professional Service 本部 / 本部長


現職にて社員200名ほどを束ね、30代を中心とした部長陣20名ぐらいと日々接している。 また現在もAmazon時代の後輩に対する定期的なメンタリングを行っている他、専門職大学での学生への指導も実施している。
グロービスのデジタルトランスフォーメーションに向けたコンサルティングにも従事し、月に2回程度壁打ちに対応している。採用面接の経験も豊富で人事制度設計に携わっていることもあり、相手に合わせたアプローチを得意とする。

メンター例(2)
現職 花王株式会社 コーポレート戦略部 部長

メーカー、投資会社などを経て、現職にて20代~40代まで幅広い部下と日々接している。部下との定期的な1on1や、他部署の社員、社外向けのメンタリング経験もあり。得意な領域は事業開発、タレントマネジメント、キャリア開発など。相手に合わせたアプローチ、中長期的なフォローを得意とする。また事業開発に関する社外講演も多数。



◆株式会社ビザスク
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営。10万人超の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等の様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで、個人の知見をピンポイントにマッチングしている。第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。経済産業省より「J-Startup企業」に選出される。2020年3月10日、東証マザーズ上場。


会社名:株式会社ビザスク
所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ10F
設立日:2012年3月19日
代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
事業内容:スポットコンサル事業、新規事業創出/組織開発に関するコンサルティング
証券コード:4490(東証マザーズ)
U R L :https://visasq.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ

情報提供:PR TIMES

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです