メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3年前、このコラムで「慶安の変」について書いた。いわゆる「由井正雪の乱」である。この乱の背景にあったのは、江戸特有の貧困だった。多くの大名が改易になった結果、武士の失業者があふれたのである。武士は農耕地を持たない。失業した武士たちは代々もらっていた給与がもらえなくなった。実家ごと失業したのである。

 このように江戸時代の特定の時期に発生した貧困だけでなく、都会だからこその貧困がさまざまあった。江戸なら仕事がある、江戸なら面白い生活ができると思って出てきてしまう若者たちや、1種類の技能のみで生きる職人たちが抱える貧困である。今の東京と同じように、確かに仕事はあるのだ。しかし健康保険も失業手当もない。いった…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです