メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

響く球音、楽しさと寂しさと

 記者になって地方支局に配属されると、社会人などアマチュア野球を取材する機会が多い。注目度が低いと、観客が十数人という試合もざらだ。声援は小さいが、打球音や捕球音がよく聞こえ、選手の調子が分析できるメリットもあった。

 そんな記憶が、6月に無観客で開幕したプロ野球のテレビ・ラジオ中継を見たり聞いたりして、呼び戻された。スタンドはガラガラで物足りなさも感じたが、優れたキャッチン…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです