メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

ついにマスク姿のドラマも

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 ドラマの登場人物たちはなぜマスクをしないのか――。そんな疑問が巷(ちまた)では結構な話題になっている。コロナ禍での緊急事態宣言が解除されてドラマ制作も再開し、4月開始予定だった連続ドラマもようやく放送されている。とはいえコロナ禍は収束しておらず、東京都内の街を歩く人は100%と言っていいほどマスクを着用。バラエティーでも「マツコ会議」(日本テレビ系)のように出演者たちがマスクをしている場合もある。

 しかし、なぜかドラマの登場人物は、病院のシーンなどを除けば、ほとんどマスクをしていない。フィクションはなにも現実をそっくり再現する必要はないわけで、ドラマを見ている間ぐらいコロナ禍を忘れさせてよと思う人も多いだろう。第一、今期のドラマを彩る木村拓哉や星野源、多部未華子らの顔が半分隠れていたらがっかりだ。マスク姿の堺雅人演じる半沢直樹が「倍返しだ!」と言ってもイマイチ迫力がないだろう。唇の動きで言…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです