メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンセキスタジアムとちぎ完成 あす記念式典 8月から一般利用開始 /栃木

完成したカンセキスタジアムとちぎ=宇都宮市で

 2022年開催予定の第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)のメイン会場となる宇都宮市西川田の県総合運動公園陸上競技場(カンセキスタジアムとちぎ)が完成した。サッカーJ1の公式戦が開催可能な2万5000席を備え、県産材や伝統工芸品をふんだんに用いた新たなシンボルとなる。

 同競技場は17年3月に着工し、総工費216億円をかけ今年4月に完成した。鉄筋コンクリート4階建てで2階席は22度、3、4階席は35度の傾斜で、競技を間近に体感できる造りとなっている。また、客席はサッカーJ2の栃木SCのチームカラーの黄色をあしら…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです