メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 新たに14人が感染 県岐阜商全1317人に検査促す 県内194人 /岐阜

 県は21日、各務原市などに住む計14人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。そのうち安八町の20代男性はクラスター(感染者集団)が発生した県立岐阜商業高(岐阜市)の教職員で、同校のクラスターに絡む感染者は計9人、県内で確認した感染者数は計194人となった。また県は同校の全生徒、教員の計1317人にPCR検査(遺伝子検査)を促しており、うち約1100人には既に実施したと明らかにした。

 県は21日夕、感染症対策本部員会議を開いた。22日から始まる国の旅行需要喚起策「Go Toトラベル」に関し、首都圏や関西圏など感染者が急増する地域への旅行について、県民に対し慎重に対応するよう呼び掛けることを決めた。県内の宿泊施設にも、感染症対策の徹底を改めて要請する。古田肇知事は「県内は新たな感染拡大の局面に入りつつあり、県民には感染リスクを避ける慎重な行動を求めたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  5. 東京、大阪、埼玉、兵庫、千葉で過去最多の感染 死者12人増え1994人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです