メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる

オンライン座談会 コロナ禍の就活学ぶ 3年生が4年生に取材 /愛知

コロナ禍での就職活動についてオンラインで話し合う学生記者ら

 異例のコロナ禍で本格化した今年の就職活動。オンラインでの説明会や面接など、企業側のかつてない採用方式に学生たちは戸惑いながらも正面から臨んでいる。感染第2波、第3波も懸念され、今後の就活も見通しは不透明。だからこそ、先輩から学びたい! 貴重な経験をした学生記者の4年生に、3年生が質問をぶつけた。

 ――就活体験を教えて。

 足立 受験した新聞や広告、人材業界では、3~4月の会社説明会はほぼオンライン。面接も3月下旬以降はほとんどオンラインだったが、最終面接まで進んだ企業は現地に赴いた。

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです