メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カキ大量死、調査へ 養殖場海域で水温など 鳥羽・志摩両市 /三重

養殖カキをかごに入れ調査海域につるす関係者=三重県鳥羽市桃取地区で(同市提供)

 養殖カキが2019年秋から20年春のシーズンに大量死したことを受け、鳥羽市と志摩市は21日、養殖場海域で毎月、カキの死ぬ割合や水温、プランクトンの発生状況などのモニタリングを始めると発表した。大量死の原因がはっきりしていないため、調査データを両市のホームページなどで公表し、養殖事業者と情報を共有することで、カキの安定生産と生産者の不安感の軽減につなげたいとしている。【林一茂】

 養殖カキの水揚げは10月から翌年4月までがシーズン。農林水産省の統計(18年)によると、県内生産量は殻付き換算で3459トンで、うち鳥羽市が3423トンと大半を占めている。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです