メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「なぜ君は」と解散風=古賀攻

 <sui-setsu>

 しばらく前に東京・東中野でドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」を見た。

 主人公は、元総務官僚で民主党から政界入りを果たした小川淳也衆院議員(49)。今は無所属で立憲民主党の院内会派にいる。映画は、小川さん初挑戦の2003年総選挙から最近のコロナ禍まで17年もの時間をまたいでいる。

 決して著名な政治家ではない。有力な役職に就いていたわけでもない。その人を追って「なぜ」と問いを立てることには、浮世離れしたような唐突感がある。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです