メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

GoTo、旅行業者悲鳴 突然の解約補償、混乱

記者会見する赤羽一嘉国土交通相=国交省で2020年7月21日午前11時18分、小川昌宏撮影

 世論の強い反発を受け、旅行需要喚起策「Go Toトラベル」事業が再び方向転換を余儀なくされた。東京発着の旅行について、新たにキャンセル料が補償されることになったが、それでも「制度がわかりにくい」「不公平だ」との不満がくすぶる。22日の事業開始を目前に控え、政府の迷走は続く。

 「政府は言っていることがコロコロ変わる」。21日午後、東京都内で開かれたGo Toトラベルの説明会には約130人の旅行業者らが集まった。この事業には全国の約5万の宿泊施設、約1万社の旅行業者の参加を想定しているが、事務局は17日に立ち上がったばかり。突然の「見切り発車」に関係者からは戸惑いや不満の声が上がった。

 説明会の参加者によると、質疑応答では業者側から「運用がわかりにくい」などの指摘があった。しかし、事務局は「政府が決めたことなのでご理解ください」「確定したものは観光庁のホームページで確認を」などと回答するのみで、事業に登録する書類なども配布されなかったという。

この記事は有料記事です。

残り2586文字(全文3012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです