メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

コロナ禍で露呈した人種差別 「制度化」された社会病理=服部正法(欧州総局)

新型ウイルスに感染して亡くなった英国の医師、アムジェド・エルハウラニさん=弟アマル・エルハウラニさん提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に続き、米国を中心に広がった抗議運動「ブラック・ライブズ・マター(BLM、黒人の命は大事だ)」が世界を揺るがす。一見関係がなさそうなこの二つの事象は、ともに同じ現代社会の病理を露呈させたと私は考えている。人種差別の問題だ。

 新型ウイルス感染による死者数が欧州最多の英国が3月23日にロックダウン(都市封鎖)を始めてから約2週間後、ある事実が人々に衝撃を与えた。4月上旬までに、治療の最前線に立つ国営の「国民医療サービス(NHS)」の医師10人が新型ウイルスに感染して死亡し、全員が「BAME」(黒人、アジア人、その他の民族的少数派)と呼ばれる非白人だったのだ。

 患者や死者の人種・民族構成に注目が高まり、調査が進んだ。死者1万2593人について検証した英タイムズ紙は、10万人当たりの死者数が白人23人に対し、アジア系27人、黒人43人と、黒人が白人の2倍近いと報道。イングランド公衆衛生局は、白人と比較してバングラデシュ系が約2倍、他のアジア系や黒人はそれぞれ約10~50%、死亡リスクが高いとする調査結果をまとめた。

 BAMEの死亡リスクが高い理由について、専門家は、糖尿病などの持病がある割合が高い▽多世代で同居している割合が高く、感染が広がりやすい▽医療従事者やスーパーの店員といったエッセンシャルワーカー(社会生活に不可欠な仕事に就く人々)が多い――などを挙げる。BAMEは人口(イングランド、ウェールズ)の約14%に過ぎないのに、NHS医療スタッフ(イングランド)の44%をも占めている。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1844文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです