特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

甲子園交流試合・2020センバツ32校

第2日 第3試合 明豊-県岐阜商 明豊保護者会長・川原俊成さん、喫茶店主・鹿島靖夫さんの話

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

最後の一球まで全力で 保護者会長・川原俊成さん

 センバツ交流試合の開催にあたり、ご尽力いただいた県高野連の皆様、これまで野球部の活動を支えていただきました同窓会やOBの皆様、そして、温かい声援をいつも届けてくださる地元の皆様など、関係する全ての皆様に、改めて心より感謝申し上げます。

 交流試合は、くしくも今年7月の豪雨の被害が大きかった県同士の対戦になりましたが、両県の皆様を勇気づけられるような、元気ではつらつとしたプレーを期待するとともに、選手には夢にまで見た甲子園を思いの限り楽しんで、ユニホームを泥だらけにして帰ってきてほしいと思います。さあ、夢舞台、明豊らしく最後の一球まで全力で、最高の笑顔で最高の勝利を!

悔い残さぬ試合を 喫茶「ベルエポック」店主・鹿島靖夫さん

 昨年4月から野球部の生徒に夕食を提供していますが、センバツ中止決定時は、どう声を掛けようか迷いました。4、5月には生徒から「(コロナ禍で)休業中の店内でトレーニングをしたい」との申し出がありました。休校中も店内にマシンを持ち込み、常に高い意識を持ち続けようとする姿を見てきました。見習うべき点は多かったです。

 交流試合は店のテレビで、我が子を応援するように観戦します。生徒がバッターボックスに入ると、「ちゃんと打てよ」とドキドキします。安心して見させてほしいですが、力を出し切って負けるなら仕方がありません。せっかくいただいたステージ。悔いを残さない試合をしてほしいです。

あわせて読みたい