メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

「中年の星」最後の挑戦 車いすマラソン・山本浩之(54)

2018年の東京マラソン男子車いすの部で、1位でフィニッシュする山本=渡部直樹撮影

 50代でもなお、世界のトップとして戦う選手は珍しい。レーサー(競技用車いす)を42.195キロこぎ続ける車いすマラソンは、体力勝負の側面が大きいからだ。だが、山本浩之(54)=はぁとスペース=は、20日で400日前となった東京パラリンピックに向けて「すべてを出し切る。今はそのための下地を作る期間」と泰然自若。4大会連続出場を狙う「中年の星」は、その情熱を絶やさず燃やしている。

 「本気でパラリンピックに挑むのは東京が最後かな」と、自身の進退を明かした。日本パラ陸上競技連盟の強化指定選手に選ばれ、大会では常に上位争いに絡む山本ですら、年齢を考え始めた。「年齢的にも元気に走れるのは東京まで」。自身と向き合い、自国開催の祭典を集大成とすることを決めた。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです