メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲なぜ合流急ぐ 国民役員会にチコちゃん人形、その心は…

会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(左)と国民民主党の平野博文幹事長=国会内で2020年7月22日午前10時57分、竹内幹撮影

 国民民主党は22日、新党名を「立憲民主党」などとした立憲民主党の合流案に対し、「党名は民主的な手続きで選定すべきだ」などと回答した。立憲は投票による選定に難色を示し、名称を巡る綱引きが続く。立憲の枝野幸男代表と国民の玉木雄一郎代表は野党結集の必要性では一致するが、どこに食い違いがあるのか。【樋口淳也、宮原健太】

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです