特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

安倍政権の「レガシー」って一体? 田原総一朗さんに安倍首相が漏らしたこと

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える田原総一朗さん=東京都港区で2017年8月15日午後2時49分、太田康男撮影
インタビューに答える田原総一朗さん=東京都港区で2017年8月15日午後2時49分、太田康男撮影

 ジャーナリストでもあり、政界のプレーヤーでもあるような。ビミョーな立ち位置のこの人が気にかかる。田原総一朗さん(86)。今春にも安倍晋三首相とサシで会い、いろいろ意見をしたらしい。再登板から7年半、夏には憲政史上最長政権になろうかという安倍政権の「レガシー」とは何か。そして田原さんと政権との距離感とは。あれこれただした。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

長期政権なんだけど…

 池田勇人ならば「所得倍増」、佐藤栄作は「沖縄返還」。昨年亡くなった中曽根康弘氏は「国鉄民営化」「行政改革」あたりが思い浮かぶ。最近では、小泉純一郎氏の「郵政民営化」だろう。歴代の長期政権は、その是非はともかくとして、印象深いレガシーを残している。

 ならば再登板後の安倍政権はどうだろう。この8月24日には、前出の佐藤栄作内閣の7年8カ月を抜き、史上最長政権になるのだ。すでに昨秋、第1次政権を含む首相在任日数は、明治から大正期の宰相、桂太郎の通算2886日を抜いて憲政史上最長である。

 それなのに、だ。安倍政権は日本と日本国民に何を残したか。一体何がレガシーか。多くの人は即答できないのではなかろうか。

 そこで田原さん。再登板してから、年1、2回、首相と2人で会って取材を重ね、あるいは政策面で意見してきた。少々気が早いが、安倍政権とは何だったのか?

 というわけで東京都内の仕事場を訪ねると、これまでの取材同様、おなじみのグレーのスーツ姿で迎えてくれた田原さんだが、やっぱりコロナ禍、テレビでは見慣れぬマスク姿である。

 「史上最長政権といっても、野党が弱すぎるだけなんだが……」と切り出した。

 …

この記事は有料記事です。

残り3655文字(全文4344文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集