メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難所でもぐっすり 神奈川の主婦が「安眠ハウス」開発 段ボールで組み立て簡単

安眠ハウスの試作品。当初はワイヤに布を縫い付けていた=中尾さとみさん提供

 避難所でも安心して眠れます――。台風や豪雨など自然災害が各地で頻発する中、体育館や公民館で避難生活を送る被災者が少しでも快適に過ごせるように、主婦の中尾さとみさん(55)=神奈川県茅ケ崎市=が「災害用簡易安眠ハウス」を開発。7月に商品化が決まり、特許も出願中。約20年前に思いついたアイデアが形となり「体育館のような所で雑魚寝するのは体への負担が大き過ぎる。大変な時だからこそ安心して眠ってもらいたい」と強調する。【坂根真理】

 簡易安眠ハウスは段ボール製で、重量は約2キロ。子どもやお年寄りでも簡単に組み立てられる設計にこだわった。三つに折り畳まれた段ボール製の就寝シート(長さ約1.8メートル)を広げ、片側に、組み立てたボックスをセットすれば完成だ。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです