群馬・渋川市で「頭文字D」聖地巡礼「加速」 市内7カ所に特製マンホール

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
頭文字Dとコラボしたマンホールの蓋のレプリカを持つ群馬県渋川市の高木勉市長=群馬県渋川市で、2020年7月20日、庄司哲也撮影
頭文字Dとコラボしたマンホールの蓋のレプリカを持つ群馬県渋川市の高木勉市長=群馬県渋川市で、2020年7月20日、庄司哲也撮影

 群馬県渋川市は同市がメイン舞台の人気漫画「頭文字(イニシャル)D」とコラボレーションしたアニメツーリズムを推進すると発表した。主人公の藤原拓海や愛車ハチロク(トヨタAE86)などが描かれたマンホールの蓋(ふた)を市内7カ所に設置するなどして、ファンが作品の舞台を観光する「聖地巡礼」を盛り上げる。

 当初は大型観光企画「群馬デスティネーシ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文394文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集