メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外出前にもう一度確認を 窃盗対策でドアノブポップを事業所に配布 兵庫・丹波署

扉の取っ手に取り付けられたドアノブポップ=兵庫県丹波市山南町谷川の「タイヤショップやなせ」で2020年7月21日10時49分、丸井康充撮影

 兵庫県警丹波署は21日、侵入窃盗被害の防止を呼びかけるドアノブポップを丹波市内事業所に配布し始めた。同署が考案した取り組みで県内初という。約2500枚を今夏中に配布する予定。

 ドアノブポップは、ドアの取っ手などにぶら下げるもので、事務所内に現金を残していないか▽施錠はしたか▽高価な工具は鍵のかかる場所に保管したか▽防犯カメラ、センサーライトは起動しているか――…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです