メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アトピーのかゆみ改善 京大など開発中の薬に効果確認 米医学誌に掲載

(写真はイメージ)=ゲッティ

 開発中のアトピー性皮膚炎の薬「ネモリズマブ」に「かゆみ」を抑える効果を確認したと、京都大などの研究グループが発表した。製薬会社「マルホ」(大阪市)などと共同で研究しており、今後は製造販売に向けて国への承認申請を目指す。論文は7月9日、米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」電子版に掲載された。

 アトピー性皮膚炎の患者は小学生の約1割、成人の2~3%にいるとされる。かゆみや湿疹で、重度の場合は日常生活に支障が出る。かゆみはたんぱく質の一種「インターロイキン31(IL―31)」が神経に作用して引き起こされると考えられている。一般的な治療薬は炎症を抑えることを目的としているが、ネモリズマブはかゆみを抑える効果に特化して開発が進められている。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです