高速道路の最高速度120キロへ 全国5区間が候補、100キロ超は初 警察庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高速道路の最高速度引き上げ候補区間
高速道路の最高速度引き上げ候補区間

 警察庁は22日、高速道路の最高速度について、一定の条件を満たす場合に限って現在の時速100キロから120キロに引き上げられるよう交通規制基準を変更すると発表した。最初は全国の5区間を候補とし、岩手県の東北自動車道の一部区間から順次実施される見込み。導入後の状況を見たうえで他の区間についても検討する。

 1963年に名神高速道路の一部が開通してから、高速道路の最高速度の基準が100キロを超えるのは初めて。車の実際のスピード(実勢速度)に沿った速度規制を導入することで、時間短縮効果を見込む。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文930文字)

あわせて読みたい

注目の特集