メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速道路の最高速度120キロへ 全国5区間が候補、100キロ超は初 警察庁

高速道路の最高速度引き上げ候補区間

[PR]

 警察庁は22日、高速道路の最高速度について、一定の条件を満たす場合に限って現在の時速100キロから120キロに引き上げられるよう交通規制基準を変更すると発表した。最初は全国の5区間を候補とし、岩手県の東北自動車道の一部区間から順次実施される見込み。導入後の状況を見たうえで他の区間についても検討する。

 1963年に名神高速道路の一部が開通してから、高速道路の最高速度の基準が100キロを超えるのは初めて。車の実際のスピード(実勢速度)に沿った速度規制を導入することで、時間短縮効果を見込む。

 警察庁は2017年、静岡県の新東名高速道路(新静岡―森掛川インターチェンジ<IC>間約50キロ)と岩手県の東北道(花巻南―盛岡南IC間約27キロ)で最高速度110キロを試験的に実施。19年3月からは120キロに上げていた。実勢速度や死傷事故率を比べたところ、試行前と大きな変化はなく、安全性は確保されると判断した。

 道路標識で示す最高速度は警察庁の内規である交通規制基準で定めており、8月にも変更する。速度引き上げの対象は設計速度が120キロで、実勢速度が100キロ以上の高速道路。区間とする距離は原則20キロ以上で、死傷事故率が低いことも要件とした。渋滞のない時間帯の割合がおおむね6割を超え、片側2車線の場合は大型車の走行割合が低いことも必要とする。開始時期は各県警が高速道路会社などと調整し、県の公安委員会が決定する。

 現状で候補となるのは、静岡県の新東名(御殿場―浜松いなさジャンクション<JCT>間約145キロ)▽埼玉、群馬、栃木各県の東北道(浦和IC―佐野スマートIC間約53キロ)▽千葉、茨城両県の常磐道(柏―水戸IC間約71キロ)▽千葉県の東関東道(千葉北IC―成田JCT約26キロ)。工事中の新東名を含めいずれも片側3車線区間。片側2車線の岩手県の東北道の試行区間も本格実施に移行する。

 一方、トラックなどの大型貨物車は、積載量が多く、事故の被害が大きくなる可能性があるため、現行の80キロ規制を据え置く。警察庁は追い越し車線へ進路変更する際、スピードを上げてくる右後方の車への注意をより一層呼びかけるなどして安全対策を図るとしている。【町田徳丈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです