メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10万円給付金受け取りに壁 こぼれ落ちる男性DV被害者 「相談できる人がいないと」

「受け取れていない人がまだいるのでは。すべての人に支給してほしい」と話す男性=東京都渋谷区で2020年7月14日午後6時2分、藤沢美由紀撮影

 1人10万円の特別定額給付金の申請期限が近づく。「(新型コロナ)ウイルスとの闘いを乗り切るためには何よりも国民との一体感が大切だ」と一律給付を約束したのは安倍晋三首相だが、制度の網の目からこぼれ落ちる人は後を絶たない。東京都渋谷区で暮らす男性(53)は「自分も相談できる人がいなければ申請できなかった」と話す。一律給付なのになぜ、申請が難しい人が出てきてしまうのか。【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2275文字(全文2479文字)

藤沢美由紀

2007年入社。山口支局、熊谷支局、八王子支局、東京本社社会部、医療福祉部(現くらし医療部)を経て2020年春から統合デジタル取材センター。LGBTなど性的少数者に関わる教育、医療、職場、法、家族などの問題を中心に取材。当事者団体と有志記者による「LGBT報道ガイドライン」作成に参加。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです