静岡・三島の小浜池、57年ぶりに水位2メートル突破 最高に迫る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士山の雪解け水などが湧き出る静岡県三島市一番町の小浜池の水位が57年ぶりに2メートルを突破した。22日は209センチを記録。増島淳・県地学会東部支部長は「2019年の台風19号の大雨で地下水の水位が渇水期にあまり下がらなかったうえ、梅雨の長雨も地下水に染みこんだためでないか」と分析する。

 小浜池は三島市立公園「楽寿園」内にある湧水(ゆうすい)の池。標高が25・69メートルの池底を水位0センチとして毎朝、職員が水位の上下を調べている。昭和の高度成長期以前は豊富な水をたたえてい…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

あわせて読みたい

注目の特集