大学入試改革の目玉また頓挫 「主体性評価」システム廃止へ 参加校少なく 文科省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
萩生田光一文部科学相=川田雅浩撮影
萩生田光一文部科学相=川田雅浩撮影

 文部科学省は、高校時代に取得した資格や部活動の実績などを電子データとして記録するシステム「ジャパンeポートフォリオ」の運営団体について、月内にも運営許可を取り消す方針を固めた。システムを入試に活用する大学数が当初の想定を大きく下回り、団体の財務基盤が不安視されているためだ。大学入試改革の柱の一つ「主体性評価」を進めるために文科省を中心に開発したが、運営を継承する団体を確保できる見通しは立っておらず、実際の入試にほとんど活用されないまま廃止となる公算が大きい。

 大学入試改革を巡っては、大学入学共通テストで英語民間試験の活用と記述式問題の導入が見送られており、見通しの甘さが改めて浮き彫りとなった。

 このシステ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文763文字)

あわせて読みたい

注目の特集