メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡で最多61人 知事「医療逼迫すれば休業要請も」

福岡県の感染者数の推移(7月22日)

 新型コロナウイルスの感染が全国で再拡大している。福岡県では22日の感染確認が61人で1日当たりとしては2日連続で過去最多を更新。「第2波」到来の指摘も上がる中、小川洋知事は「医療体制が逼迫(ひっぱく)すれば、また休業要請をしなければならない」と危機感をあらわにした。仕事などで福岡県に滞在した人の感染確認も他県で相次いでおり、各自治体が警戒を強めている。

 「数だけを見れば第2波が来たと言わざるを得ない状況だ」。福岡市の高島宗一郎市長は22日の定例記者会見で、市内での感染拡大について緊張をにじませながら語った。市内ではこの日、新たに44人の感染が確認され、県全体とともに1日当たりとしては最多を更新した。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです