「透析中止訴訟」福生病院側は請求棄却求める 東京地裁で第1回弁論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 腎臓病の治療中に女性(当時44歳)が亡くなったのは公立福生病院(東京都福生市)で人工透析を受けられなかったためだとして、遺族が、病院を運営する福生病院組合(管理者・加藤育男福生市長)に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、東京地裁(桃崎剛裁判長)であり、病院組合は請求棄却を求めた。

 訴状によると、女性は2018年8月9日、福生病院で受診し、首から管(カテーテル)を入れて透析を続けるか、透析をやめるかの二つの選択肢を外科医から示された。女性は一度は透析中止の同意書に署名したものの、容体が悪化し、撤回の意思を病院側に伝えた。だが、透析は再開されなかったとしている。女性は同月に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文421文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集